<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

かんそうぶん@黄禍論とは何か

テレビで「ザ・パシフィック」やBoB見て久々にCoDを引っ張り出し・・・.
有料なWOWOWだけど↓
ttp://www.wowow.co.jp/drama/pacific/

太平洋戦争だからかしら・・・BoBみたいに気持ちよく見れない気がしなくもない.
jap,japうっせーんだよksg

読了したのは大分前だが,japで思い出したので.
「黄禍論とは何か その不安の正体」
ISBN:978-4122053199
¥952+税也.

古今東西の・・・というと語弊があるが,主に19~20世紀に欧米で興った黄禍論について書かれた著作.
新聞記事,雑誌や論文など多くのソースから黄禍についての記述を引っ張って紹介している.
ぶっちゃけ,キワモノだろうと思っていたので,かなり割り引いて読んでいたが,まともな著者のようで,途中で割り引くのをやめた.
しかし,まぁ,いろんな資料に当たったもんだと感心する,そのくらい多方面から拾ってきている.
一方で,著者独自の分析は,かなり省略されている気がしなくもない.

中国・日本その他のアジアはヤベー,そんな風に帝国主義時代の欧米先進国には思われていたようだが,振り返るとそんなことは全然ない・・・という日本人の認識.
ここら辺は,現代の形振りかまわない中国脅威論と通じちゃうんだろうか.
と安っぽいことを考えたりもしたが,多分この本の1番いいところはそんなところじゃないと思う.

この本の意義は,昔から大した根拠もないのに不安を煽る輩がいて,彼奴らは基本的に似たような方法を繰り返している・・・そして,煽られる側も基本的に似たような人々で,今も昔も同じ構図が見て取れるってことを確認できる点だろう.
例えば,華僑(というか中国人労働者というべきか?)の低賃金労働が,白人の仕事を奪っている!→全部仕事盗られちまうぞ!とか,中国広いし,人も多い!→中国の人口増加で,欧米も中国人に占拠される!なんて極端な飛躍をさも正しい予測のように語ってみせる.
完全に新興宗教の十八番だが,信じちゃう人も多いのが現実.
現代の突き抜けた中国脅威論や地球温暖化云々も似たような・・・気のせいか.

一方で,冷静な人々もいるわけで,例えば,昔の政治家はイデオロギーよりも実利を選択している.
ただ,当時の政治化がキワモノの思想と無縁だったわけではなく,飽くまで選択の結果として,それを排除しているに過ぎないのは注意すべきかもしれない.
見方を変えれば,現代でキのつく政治家とこういった妄想が結びつくとオワター状態になる危険は常にあるってことだ.
あー怖い怖い.

と,面倒な感じになったが,昔の自称エロイ人をm9(^Д^)プギャーする本で,たぶん値段には見合う.
先に,途中で信じて割り引くのやめたと書いたが,孔明の罠だったのかもしれないという一抹の不安が残ったり残らなかったりしている.
こういう本ってどうやって読めばいいんだろうなぁ.
ところで,黄禍論って言葉を聞くと「死ね死ね団のテーマ」が脳内再生される件について・・・.
[PR]
by ssor | 2010-07-30 14:32

無題

NHKガンガレ!
木曜の夜はアルクメデス↓
ttp://www.nhk.or.jp/medes/

面白かったサラリーマンNEOがマンネリ化+薄味化して糞番組化しちまったのをみると,コレも将来的には・・・.まだ始まったばっかりで,新鮮だからいいんだけれど,間口を広げるためにryってのは勘弁.

にしても,目隠しの人誰なのか気になるなぁ.
[PR]
by ssor | 2010-07-28 11:38

人生の詰んでしまう原因

面白いコピペを見つけたので,重複やカテゴリが変なのがあったので一部改変しつつ,コピペ.
まともな生活を続けるには,日々,細心の注意が必要である.

↑理不尽
生まれつきの諸々の問題
―――運命の壁―――
犯罪被害 冤罪 連帯保証人 自然災害被害 もちを喉に詰まらせる
人身事故 酒の席での粗相 おもらし
―――油断の壁―――
人間関係のトラブル 会社倒産 リストラ
―――無能の壁―――
理想が高すぎるための効率悪化 気分障害 短期辞職・フリーター 事業の失敗 受験不合格 留年 無計画な借金 金銭トラブル
―――怠惰の壁―――
ひきこもり・空白期間 努力不足による失敗
―――本能の壁―――
薬物依存・ギャンブル・ネトゲ依存 風俗狂い 2ch・VIPデビュー 火の不始末 突発的犯罪 成人病
―――悪意の壁―――
好きでもなく結婚する気もない女性を孕ませる 浮気がバレる 暴力団に頼る 計画的犯罪
↓自業自得
[PR]
by ssor | 2010-07-16 03:34

無題

「自殺総代理店」を繰り返し眺めている.
人生に価値などないと宣言しつつ,既存の価値の破壊に力を注いだジャック・リゴー.
この矛盾が人間様なんだろうか・・・?
私にはどうも理解できそうにない.

生きる理由などありはしない,かといって死ぬ理由もない.我々に残された,人生に対して軽蔑を表す方法はただ一つ,そいつを受け入れることだ.人生などわざわざ捨てるにも値しない・・・(79頁)

件の文章だが,そのあとにこう続いている.

実に便利だ,自殺という奴は.私はそいつを片時も忘れたことはない.便利すぎるほどだ.まだ自分を殺してはいないが.心残りが一つある.何かを巻き込むことなしに,おさらばしたくない.去りぎわには,聖母マリアを,愛を,もしくは「共和国」を道連れにしたいものだ.(79頁)


       r ‐、
       | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧   良い子の諸君!
   (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  人生にはリセットボタンは無いが
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  電源ボタンは付いているんだ。
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  めんどくさくなったら押してみるのも良いかも知れないな!
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |

↑のコピペがチラッと頭に浮かんだり・・・.
文字通り読むと「人生などわざわざ捨てるにも値しない」のに自殺は楽しみで仕方ないと言ってるわけで,頭を抱えてしまう.
あとの文章を皮肉に満ちた,すなわち自殺する奴ってなんなの?馬鹿なの?死ぬの?って読めば,理解可能だが,彼の人生を思えばコレはマズいだろう.
う~ん・・・.
そもそも,芸術家の類の書いたものであるし,そういった素養を欠く私がこの一冊のみでアプローチしてることにかなり無理があるんだが・・・.

さて,後段の文章を読んで流行の"拡大した自殺"もチラッと頭に浮かんだ.
チャンピオンである都井睦雄のスコア31.5(※)には遠く及ばないが,近年稀に見る高スコア12を秋葉原でたたき出した教育ママの息子とか,この間の自動車工場に突入した中年男性とか,ああいう類の事件だ.
自己愛が強い→いろいろと上手くいかない→自分がヘタレなのは忘れて周囲が原因だ→個人ではなくカテゴリカルに集団を敵視→遺書,反抗予告,凶器準備→ヒャッハー→タイーホの流れを典型例とすると,中年男性の件は,先が見えずに壊れただけの感じがしなくもないが.
就職氷河期の団塊ジュニアも40目前だし,生活苦+将来への不安+評価されない人生+中年の危機でぶっ壊れる人多そうだなぁ・・・.

と,世の憂国騎士団が心配するようなことは放っておいて・・・.
とりあえず,読むのがダルそうなので,次回以降ってことで.

※どこぞの大学教員の不謹慎発言が気に入ったので改良して使用.死亡1,負傷0.5でカウントしたスコア.妙な学習の仕方をしたのか,やらかしたときに備えて改竄→発言隠蔽のためサイトに魚拓禁止!とか書いている.懲りてないのか,自分がどういう人間かしっかり理解しているのか・・・.
[PR]
by ssor | 2010-07-10 02:19

悪意について

多分↓の続きになるんだが・・・.
ttp://ssor.exblog.jp/13426353/

悪意をもってやる行為と悪意なしにやる行為の差は,もう書いてあるけど,悪意の有無だ.
例えば,「テメー,ぶっころーす!」で殺すのと,うっかり(!?)殺しちゃったという感じ.
こういう時に軽くコミカルな絵で描けると楽しそうだが,そういう技術も才能もないのであしからず.
一般的に「悪い」とされるのは,前者>後者のはず.
なんでだろうなぁ・・・.

関係ないけど,この「悪意」を見ると,法律ってのは確実に秘術だよなぁって昔々感じたのを思い出す.
民法の177条がらみの単純悪意とか背信的悪意者とかで,使われる”専門用語”だ.
(チートくさい判例法理ってやつで,条文に言葉は出てきませんが・・・.つーか,確立された法理なら改正して条文に書くか,判例付きで試験させろよって怠惰な学生は繰り返し思ふが,当然×.)
フランス語→英語→日本語みたいなルートで訳されたらしい.
まぁ,この振りだと意味違うのはバレバレなので,知ってる=(法律用語で)悪意ってことだと書いちゃおう.
逆に善意ってのは知らないことだ.

しかし,離婚原因に列挙されてる悪意の遺棄(条数失念・・・)だと,一般的な意味だったりする.
ざけんなテメぇ!!!
害意とか適当な言葉で使い分けるんじゃダメだったのか・・・.
ついでに,一般的な意味での善意ってのは記憶にないな・・・た,多分ないと思う.

で,悪意のある行為が「悪い」のは,なんでだろうって話.
故意って言い換えてもいいか.
責任が~とか言い出すのはよく訓練された市民だが,何故責任が重いんだろう.
というか,「悪い」を言い換えただけな気がしなくもない.

結果という量的な部分は同一だが,悪意の有無という要素で,その評価は変わるのか?
いや,変えるべきか?
だとしたら,どういうプロセスで変更するのか?

何言ってんだこの低脳って人は,善意の行為ってのに置き換えるともっとハッキリするかもしれない.
地球を救うために悪の秘密結社の総統を倒すのと,売名行為のためにそれをするのとどっちが「良い」のだろう?
たぶん一般的には前者>後者のハズ.
でも,地球は救われてますぜ?

さて,長くて読むのがダルいし,答えも見つからないのでここらでバックれよう.

ノシ
[PR]
by ssor | 2010-07-09 04:35

無題

競馬やってみたく・・・ならねーよ!

ttp://www.jra-jwc.jp/

神様,@何回見ればハリボテエレジーは完走しますか?
[PR]
by ssor | 2010-07-07 02:43

かんそうぶん@自殺総代理店

ISBN:978-4990123420
1900円+税也

生きる理由などありはしない,かといって死ぬ理由もない.我々に残された,人生に対して軽蔑を表す方法はただ一つ,そいつを受けれいれることだ.人生などわざわざ捨てるにも値しない・・・.(79頁)

ジャック・リゴーのあまりに有名な言葉だ.
ある意味このためだけに買ったと言っても過言ではない.
本としての情報量は少ないので,580円くらいでいい気もするが,売れなそうだし仕方ないか・・・.

リゴーは,ダダという第一次大戦後の短期間に流行った思想を共有する芸術家の1人だ(不幸な271号のネーミングの元ネタだったりもする).
生まれもよし,頭もよし,顔もよし.
うらやましい限りの彼は,平時ならエリートコース確定だったが,戦争に送られて線路から外れ,あっちへ踏み出してしまう,そんな人物だ.
ラストは酒とクスリ漬けで自殺と・・・.
帯には「鬼火」のモデルとなったryと書いてある(見たことないけど!)が,確かに映画になるような人生っぽい.

こんな背景知らずに読むと,この本は「ある自宅警備員の妄想」と言えなくもない.
そのぐらい舐めてるというか,ふざけているというか,諦めてる感じが漂う.
タイトルにもある「自殺総代理店」なんてまさにソレだ.
私としては,彼が上記のような人物でなければ,「真理の書」認定してたとこだが・・・.
[PR]
by ssor | 2010-07-05 15:38

無題

ttp://homepage1.nifty.com/designb2/sagi.html

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
[PR]
by ssor | 2010-07-05 13:28

無題

とりあえず大声で言いたい.
ゆうぱっく氏ね!

従来ペリカン便だった通販サイト→ゆうぱっくに統合→ゆうぱっくで発送→通常より1日半遅れ(現在)
どうせ経費削減という名の手抜きして,人員増やしたり,トラック増やしたりしてないんだろう?

ゆうぱっく氏ね!

以上,愚痴でした.
[PR]
by ssor | 2010-07-03 22:26

無題

テレビで中国から来日する人のビザ緩和!ってやってたが,動員法の件はやっぱりスルー.
民主よりの報道見てると,募金や寄付で運営されるメディアが欲しく・・・ならないな.
どーせ,同じ結果だろう?

マスコミ監視的なまとめサイトもいくつか作られてるが,どれも妙に右寄りな・・・.
まぁ,マスゴミから落ちたの拾うとそうなるんだろうが.

なんかこぅ,彼らの耳に心地よいように,私の耳にも心地よいマスメディアはないものか.
そしたらこんな不満もなくなるんだが.
[PR]
by ssor | 2010-07-02 02:24